英語学習

【試験前日のメンタル術】大事なテストで力を発揮するための準備できてる?

こんにちは、社会人TOEICerのNori (🐤@Nori_odashi)です。

いよいよ明日はTOEIC公開試験日ですね。

これを読んでいるあなたは、「試験」が嫌いですか?

私は好きです。結果を出せば自信に繋がるし、自分がやってきたことの証明になるからです。

私はこれまでの人生で大きな試験としては、中学受験、大学受験、就職試験をしてきました。

そのすべてで満足のいく結果をだすことが出来ました。

今回は、そんな試験全勝の私が、大事な試験に対する心構えについてまとめました

 

「試験に弱い」は変えられる

まず、「試験に弱い」という人に対して伝えたいことがあります。

それは「試験に弱い」は克服できる、ということです。

試験に弱い人に共通する特徴は、自分が「試験に弱い」と思い込んでいるということです。

まずは、その思い込みをなくすことが大事です。

大舞台で力を発揮するのが得意な人、苦手な人は存在します。

ですが、それはちょっとしたコツを最初から知っているかどうかの差でしかありません。

これから書くことを意識するだけで、「試験に弱い」あなたはいなくなるはずです。

 

成功している自分をイメージする

まず、試験をうまく解ききる自分の姿をイメージできていますか。

「なにそれ?」と思った人は、要注意かもしれません。

成功している人は、セルフイメージを描くのが得意な人が多いです。

根拠はなくても、「自分はうまくいくんだ」と思っている人のほうがたいてい物事はうまく進みます。

試験においても、「自分はこの試験に合格するんだ」

もっと言えば、「自分はこの試験を合格して○○しているんだ」というセルフイメージを描く人がうまくいきます。

例えば大学受験でいえば、「試験を合格し、そこに通って勉強をしている自分」をイメージできるようになれば完璧です。

このセルフイメージは、慣れていない人には難しいかもしれません。

そういう人は、鏡に向かって「自分はできる!!」と言いましょう

暗示じみていますが、効果は抜群です。

 

いつもと違うことをしない

まずは、試験前にいつもと違うことをしないようにしましょう。

例えば「試験日だからいつもより早く寝よう」だとか、「いつもは食べない朝食を食べよう」とか、いつもと違うことをしないようにしましょう。

身体はいつもの習慣と違うことを嫌います。

違うことをすることが身体への負担となり、腹痛や体調不調などを引き起こしたりします。

なるべくいつもと同じように過ごす。身体への負担が最も軽い状態で試験を受けられるようにしましょう。



 

前日と当日に新しい勉強をしない

試験前日と当日は、自分が一番勉強をした範囲の復習以外の勉強はやめましょう。

前日や当日といった段階では、新しいことを覚えたり理解したりするのは不可能だと割り切りましょう。

まだ対策してない範囲があるとしたら、それは試験前日までサボっていた自分が悪いのです。

それよりは、自分が一番自信のある分野の復習をして、良いイメージで試験に臨める準備をしましょう

 

試験を楽しむ

人生における最強の心構えがあります。

それは、「まぁいっか。別に死ぬわけじゃないし」です。(笑)

これは試験に対しても応用できます。

確かに、受験や就職試験などは人生を左右する試験であるかもしれません。

ですが、左右される程度であって、命を取られるほどではないはずです。

別に失敗したってなんてことはありません。

失敗したら失敗したで、次の道は開きます。

あまり人生の先のことを考えても仕方がありません。

それより目の前の問題に全力で取り組むことが大切だと思いませんか?

 

迷った時のルールを決めておく

これは心構えというよりテクニックになりますが・・・

選択式の問題で2択まで迷ったあげく、間違えてしまった。

これは誰しもが経験する、よくあることです。

こういう迷ったときに、あなたはどうしていますか?

「よく考えて選ぶ」

これはNGです。よく考えても正答率はたいして上がりません

そして、考えるために多くの時間を使ってしまう上、どちらを選んでもモヤモヤした感情が残る、と悪いことづくしです。

ここで私が提案したいのは、2択はルールに則って選ぶ、ということです。

パッと目についたほうでも、選択肢の番号が若いほうでも、選択肢の文章(単語)の文字数が多いほうでも、なんでもいいので、予めルールを決めて選んでしまいましょう。

そして、選んだらその問題のことは忘れて次の問題へ進みましょう

どうしても悩みたければ、全部解き終わって余った時間でやればいいのです。

さいごに~すべての試験は通過点~

今回は、試験で力を発揮できないと悩んでいる方にちょっとした心構えを紹介しました。

「試験を楽しむ」のところでも書いたこととも少し被りますが、試験なんて所詮、試験でしかありません。

その試験を突破して自分が何をしたいのか、それを明確にしておくことがなにより大事です。

試験で自分の力を発揮するために必要なことはそんなに難しいことではありません。

今回の記事をきっかけに、試験に対してのイメージが変わり、人生が少し良い方向に進めば幸いです。




ABOUT ME
ラジオ講座×TOEICブロガーNori
ラジオ講座×TOEICブロガーNori
NHKラジオ講座×TOEIC勉強を紹介するブロガー。学生時代は英語が大の苦手で、はじめて受けたTOEICは200点台。社会人になり英語勉強を再開し、1年でTOEIC785点を取得。英語学習初心者向けの記事を中心に執筆。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無効となりますので、ご注意ください。(スパム対策)